スポンサードリンク

フィリピン語レッスン!タガログ語で挨拶してみよう

フィリピン語レッスン!タガログ語で挨拶してみよう



簡単タガログ語講座Vol.1あいさつ

明日からでも簡単に使えるタガログ語講座をユーチューブ動画で紹介します。

簡単タガログ語講座Vol.1あいさつ



フィリピーノにモテる五つのコツ

暇なのでネットで色々検索していたら、興味深い記事に出会った。

記事元は、ダイヤモンド・オンラインさんから参照しています。

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さん。その志賀さんが長年の経験から見いだした、フィリピーノとうまくやっていくコツを教えてくれました。

フィリピーノにモテる五つのコツ

1.マバゴとマバホ(香りと臭い)

2.マバエット(優しい)

3.人前で怒らない、叱らない、文句を言わない

4.ケチ(コリポット)らない

5.パサルボン(お土産)

フム〜言いえて妙ですな。

フィリピーナに関わらず、どの国の女性にもモテるスタイルでしょうなぁ。。

5番目のパサルボン(お土産)だけは、フィリピーナ特有かも(爆)

PR 合コンセッティング

ラゲッジチェッカー買ってみた。

嫁が初孫を見せに子供と一緒に今月フィリピンに帰省します。

フィリピンの母もきっと喜んでくれることでしょう。

フィリピンに帰るとなると、毎度のことですが大量の手荷物の用意。。

あれも持っていく、これも持ってくとこの荷造りで毎回大騒ぎとなります(苦笑)

ここで問題となるのが手荷物の重量。

フィリピンエアラインの場合、手荷物の重量が23Kまで。これを超えると恐ろしいような料金を取られてしまう。

今までは、家の体重計などで手荷物の重さを量って、空港カウンターの手荷物預かり所に挑んでいましたが、微妙にオーバーすることが多くて・・・

オーバーすると荷物の振り分けをやり直すのが、非常に面倒なので今回は手荷物を簡単にはかれるラゲッジチェッカーを買ってみました。

買ってみたのは、dretec (ドリテック) [LS-100WT] 荷物用はかり。



この商品、スーツケース、旅行荷物など吊り下げて簡単に重量を計ることができます。



吊り下げて、バランスを取り数秒置くとピピッとなり計測OK。

最初は重量表示の正確性にちょっと不安でしたが、空港カウンターも問題なく通過できたので、なかなかいいですよ。

ただ20キロからなる荷物を女性が吊り下げて、バランス取るのは難しい。男手が必要かと。

バッテリーは単三電池なので便利です。小さいので持ち運びにも良いですし、フィリピンからの帰省のときにも使えるので重宝しそうですよ。

同時に機内持ち込みキャリーバッグも同時購入しました。

機内持ち込み用のキャリーバッグは[財布・バッグの通販]Newbag Wakamatsuがお勧めです。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。