2011年01月05日

被害者のご冥福を祈る



【1月5日 AFP】フィリピンで射殺された政治家が、殺される直前、自分に銃口を向ける犯人の姿を偶然カメラに収めていた――。この写真がもとで容疑者が逮捕されたと、警察が4日明らかにした。

撃たれたのはレイナルド・ダグサ市議。

自宅の前で家族との楽しい写真撮影を行っていたのでしょう。その時に写真に写っている何者かに撃たれ、病院に搬送される途中で亡くなられたそうです。

幸いにも犯人はこの写真がもとで逮捕されたようだがレイナルド・ダグサ氏は帰らぬ人に。

ダグサ氏は犯罪防止のための法整備に積極的だったこともあり、2人は同氏に恨みを抱いていたと、警察は見ているそうだ。

あまりにも偶然だがショッキングな写真だ。

家族の方々の気持ちを考えると胸が締め付けられます。


posted by 幸村 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(1) | フィリピンな日々 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

奥様がフィリピン人だと税金が戻ってくる!50万円以上の実績!
Excerpt: フィリピン人の奥さん!奥さんがフィリピン人の方! 税金が戻ってくることを知っていますか?それも50万円以上! 電話無料相談:03-5637-8786 この情報は殆どの人が知りません。..
Weblog: フィリピン大使館・Pinoy Channel も知らないフィリピン情報
Tracked: 2011-05-21 08:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。