2007年05月12日

今度は在留が認められた。

イラン人一家に在留許可

同じイラン人で不法滞在になっていたアミネさん一家の強制退去処分が確定し長女のみ在留特別許可が許され、残りの家族はイランに帰国した事件が四月にありましたよね。

確か強制退去処分の取り消しを求めて提訴し、最高裁で敗訴が確定した事件。

今回も同じではないが、似たような境遇の不法滞在になっているイラン人一家に在留特別許可が許されたようです。

まぁ不法滞在にしろ、在留特別許可にしろパターンは千差万別。

しかも在留特別許可の基準が、法務大臣の裁量的な処分であり,その許否判断に当たっては,個々の事案ごとに,在留を希望する理由,家族状況,生活状況,素行,内外の諸情勢その他諸般の事情に加え,その外国人に対する人道的な配慮の必要性と他の不法滞在者に及ぼす影響とを含めて,総合的に考慮しております。

となっているのだから、在留特別許可を取得しようとする側は大変だ。

もちろん簡単に在留特別許可を許すわけにもいかないのは、当たり前だ。。

最近、在留特別許可案件を扱う、東京入国管理局の調査第三部門の対応が、厳しくなってきているとの噂も耳にする。

まぁ甘くはないということでしょう。

以下、引用元 東京新聞

東京入国管理局は11日、甲府市で15年以上、超過滞在を続けてきたサイード・パート・ヘライさん(49)らイラン人一家4人に在留特別許可を出した。一家は同日、甲府市で記者会見した。

5度目の申請で東京入管から詳細な資料を求められ、今年1月、娘の病気治療の必要性などを記した再審情願理由書を提出。3月には在留特別許可を求める約3000人分の署名も提出した。


posted by 幸村 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 不法滞在問題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。