2007年04月22日

フィリピンパブ、フィリピン人女性って

名古屋で愛知県警によるフィリピンパブ立ち入りがあったようだ。

その立ち入りを拒否して、経営者だの従業員だの、あるいは不法滞在のフィリピン人女性などがしっかり逮捕された。

まぁ不法滞在のフィリピン人を雇ってまで経営しているフィリピンパブの経営者にとっては想定内の出来事であろう。

想定外の出来事になるは不法滞在のフィリピン人達であろう。いや当然想定内か?

警察や入管が血眼になって取り締まっても、不法滞在や不法移民の問題は鎖国でもしない限り、未来永劫なくなることはない。

もちろん双方十分にわきまえていることではあるはず。

どこかの知事が叫んでいた不良外国人と見られてもしかたのないことだ。

フィリピンパブ立ち入り拒否容疑、従業員ら逮捕 名古屋

愛知県警は20日、名古屋市中区の栄地区でフィリピンパブ2店を立ち入り調査し、警察官が店に入るのを拒んだ従業員ら計5人を風営法違反(立ち入り拒否)の疑いで逮捕した。両店とも1~2時間、外からの呼びかけに応じずドアを閉ざして立てこもり、警察官はかぎを破壊するなどして中に入った。店内では天井裏などに不法残留容疑のホステスが隠れていた。

中署によると20日午前2時40分ごろ、中区栄4丁目のパブ「華月」のホステスの女性(24)と従業員の男性(51)を店のドアを施錠し、風営法の規定による立ち入りを拒んだ疑いで逮捕した。ほぼ同時刻、近くの「CLUB Mermaid」の経営者の男性(35)ら3人も、同様にして立ち入りを拒んだ疑いで逮捕した。また、両店の店内にいた20~47歳のフィリピン人女性計3人を入管法違反(不法残留など)の疑いで逮捕、19~56歳の女性14人を入国管理局に引き渡した。


引用元 朝日新聞
posted by 幸村 at 21:36
"フィリピンパブ、フィリピン人女性って"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。